税務調査対応

税務調査の連絡があったら、慌てず、税理士法人コンパスにお電話下さい。 「税務調査」と聞くと一般の方はマルサ=国税査察官による強制調査を想像する方が多いかも知れませんが、税務調査とマルサ(強制調査)は異なり、税務調査はあくまでも申告内容が正確で適正であるかどうかを確認することですので、特に恐れることはありませんのでご安心下さい。 しかしながら、税務調査が入ると
  • 追徴税額がかかる可能性があ
  • 時間的に拘束され、数日間、業務が滞る可能性がある
  • 追徴税額がかかる場合、資金準備が大変
など、経営者や会社に多大な負担や苦痛がかかることは間違いことです。 ですから、できるだけ早く、最小のダメージで終わらせたいものです。

税務調査の結果は「税理士選び」が肝心です

では、税務署から会社に電話があったら、あるいは会社に税務調査官が訪ねてきたら、「誰でもいいから税理士を呼べば良いのか?」と思われるかも知れませんが。そんなことはありません。 税理士は十分に吟味してから依頼してください。 なぜ、税理士なら誰でも良い訳ではないのでしょうか?

税理士選びを慎重に行わなければならない3つの理由

その理由は以下の3つです。
  1. 税務調査は「税金の計算」ではなく「交渉ごと」であるということ
  2. 税理士が、たとえ税法に詳しくても税務調査に強いとは言えないというこ
  3. すべての税理士が「お客様の味方」であるとは限らないということ
まず、税務調査は税務調査官との「交渉」であるということについてですが、税務調査は「税務調査官との税の解釈についてお互いの立場で、議論をすること」ですから、税の知識がなければいけないのは言うまでもありません。 しかしながら、それ以上に大切なことは、自らの主張を通し、お客様に有利になるように進めること、換言すればお客様を税務署から守ることです。 そのためには、多数の法令や裁判事例等を研究しなければなりませんので、通常の税理士業務をこなしているだけでは対応できないのです。 その点、蕨と銀座に2拠点の税理士法人コンパスには、税務調査官の手の内を知り尽くした、国税OBの経験豊富な税理士が在籍しておりますので、ご安心いただけます。 それから、2番目の「すべての税理士がお客様の味方であるとは限らない」ということですが、こちらについては、恥ずかしながら、「自らの知識不足」を露呈したくないために、税務調査官に強く反論せず、無難なところでまとめようとする税理士、いわゆる「税務署の味方(側に立つ)」と揶揄される税理士もいることは事実です。 また、税務署と戦うことを標榜する「好戦的」な税理士もいます。 この場合、戦ってくれるのはありがたいのですが、お客様と税務署のその後の関係性まで考慮してくれない税理士である場合も多く、これはこれで長期的にはお客様に不利益となります。 税理士法人コンパスは、常にお客様の立場も理解した上で、独立・公正な立場に立って交渉を進めさせていただきます

税務調査をご依頼の流れ

税務調査はなにぶん緊急性を要するため、「とにかく立ち合い優先で、料金の話はあと」といった印象がありますが、やはり、お金の話は、事前に双方でしっかり確認しませんとその後のトラブルになりかねません。 そこで、税理士法人コンパスでは次のような手順で、税務調査対応を承っております。

Step1.電話・メールでお問い合わせください(無料)

まずはお電話くださいまずは、お電話にて、無料相談の予約をお願いいたします。 弊社スタッフが、お客様と担当者のお打ち合せの日程を調整させていただきます。 ※既に税務署が来ている場合等、事前相談が困難な緊急時は、例外としてお電話でも内容を承ります。

Step2.ご来所いただき、無料相談をいたします(無料)

無料相談お約束の日時になりましたら弊社事務所までお越し下さい。お目にかかって、税務調査の趣旨やお客様の状況をしっかりとヒアリングさせていただき、全体的な対応方法を検討させていただきます。

Step3.概算費用のご提示と費用の一部を頂戴し、対応を開始いたします。(ここから有料)

契約書お打ち合わせの内容を踏まえ、進め方と費用を提示させていただきますので、ご納得いただけましたら、費用の一部をご入金いただき、対応を開始させていただきます。

Step4.税務調査対応の開始

国税OB税務調査当日前に、事前打ち合わせした上で資料確認→税務調査立会いの順序で対応させていただきます。 社長様は必要な場面だけご対応いただければ済むよう、しっかりとサポートさせていただきます。

Step5.税務調査の終了

打ち合わせ税務調査立会いが終わりましたら、調査の結果を踏まえ、必要な措置を納得感をいただける中でしっかりとサポートいたします。

税務調査対応報酬(例)

内容料金
事前相談弊社にお越しいただき、状況をお聞かせ下さい無料
税務調査対応・税務調査事前打ち合わせ
・資料確認
・税務調査立会い
・事後相談(更正の請求等)
税務調査立会い(半日)の場合
6万円〜(税別)
※税務調査が複数日にわたる場合は、立ち合い料として1日6万円(税別)を頂戴いたします。 以上、詳しくは税理士法人コンパスまでご相談下さい。
決算申告・税務調査・法人化でお悩みのみなさまへ、税理士法人コンパスへまずはお電話ください。フリーダイヤル0120837870 無料相談受付中

 

サブコンテンツ

TOPへ